読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北のいんのんぶろぐ。

ファイターズファンの道産子が応援記事、時々日常を発信するブログです。

苦しむファイターズファンに元気と感動を与えたい。

 

どうも、じょんです。

 

チームは、ついに10連敗

 

勝つ喜びって、どんなんやっけ……

 

"試合の勝敗以外の楽しみ"を見出そうとしております、ハイ。

 

試合は、遥輝の流し打ち、ファイターズ打線の粘りが少しずつ戻ってきた印象。

 

榎下武田久石川直はゼロに抑えました。

増井さんも三振3つ奪って何とか無失点。

勝ち継投を見直す時がきたかもしれませんね。

 

一方、敗因要素はたくさんありますが……

今日は、脱"連敗反省日記"ということで、

 

今日は、僕が感動した『野球動画』を紹介したいと思います。

 

11.5ゲーム差を本当にひっくり返して、

大逆転優勝したことを思い出させてくれる動画です。

【日本ハム】北の国から 2016伝説



 

開幕してからしばらく勝てなかった大谷翔平

マーティンのボークに、増井のセーブ失敗。

→などなど、最初は嚙み合わなかったところが多かったものの、試合をこなす度に勢いをつけて、チームが強くなっていった過程が最高にドラマチックです。

 

個人的には……

不調に苦しみ、代打を送られた後の翔さんが、

絶好調だった岡大海のミスを帳消しにする一打を放ったシーンが痺れます。

 

また、終盤のオリックス戦で、

宮西投手がピッチャーライナーも勝利も掴み取ったシーンも鳥肌立ちまくりです。

→リアルタイムで見てた時は心臓バクバクでした。 笑

 

いやあ、感動です。

 

そして一軍出場した選手全員、

動画に登場するのが素晴らしいですね。

制作者に乾杯🍺

 

 

もうひとつ、こちらは選手の発言なども交えながら、

日本一になるまでを、丁寧にまとめられた動画です。

北海道日本ハムファイターズ 2016年度 優勝PV 「Fighter's high」

 

陽岱鋼の"スーパーファインプレイ"は何度見ても感動モノ。

「浅いセンターの、遥か頭上、遥か頭上だ!センターどうか?陽岱鋼追いついたー!」

この実況の声も合わさって、一生忘れられないプレイです。

 

そして、今のファイターズに陽岱鋼がいないことも含めて泣けます。センターの守備を見て「陽岱鋼なら…」と思わなくなるまで、もう少し時間が必要でしょう……怪我治して、巨人での活躍も応援したいですね。

 

 

 

ということで、今日は動画2つ紹介しましたが、

昨年はこんなにも選手の活躍が輝いて見えて、いい試合がたくさんあったんだ…

と、逆に痛感させてしまったら、すまん!!!

 

しかし、だからこそ、今年はまだまだこれからだ!と思ってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:johnjohnfffff:20170427022214p:plain

→何となく、この画像を使ってみました。何となく。

 

ついに、昨年以上の逆境(首位と12.5ゲーム差)を迎えてしまいましたが、

その先には、感動が待っているかも???しれません。

現在進行形で、もがき続けている選手(と首脳陣)が、チームと共にトンネルを抜け出してくれることを祈りましょう。 

 

 

そして今日も、連敗脱出の感動をイメージして…

(イメージすることも最近はなかなか難しいけどw)

応援しましょう!では!

 

 

開幕前と今のギャップに驚愕。ファイターズ夢物語。

 

どうも、じょんです。

 

ファイターズはついに9連敗

 

特に今日は勝ち越しアリ、追い上げアリだっただけに悔しい敗戦です。昨日記事を書いた松本剛がホームラン2本打てたのは嬉しかった!今後も期待です。


今日は試合の反省はしません。

 

ここまでの僕が予想がどれくらい的中しているか、振り返ってみることにしました。

 

「夢は正夢 栗山」の画像検索結果

 

夢は正夢。そう願っていました……

 

順位予想。

以下記事参照。

 ▲楽天 3~6位 →打線と先発は強い。守備と救援陣が不安

とりあえず、楽天を一番下にした僕は、ファンからビンタを受けねばいかんでしょう。松井裕樹を中心とした勝ち継投はハマってます。打線もやっぱり強い。

 

オリックス 3~5位投手力は安定している。打線が力不足。

西武 3~6位 →打線と救援は強い。先発が大いに不安。

西武オリックスに関しては微妙に当たっていたり…西武の守備力とオリックスの得点力は予想以上ですね。今後も注目です。

 

ソフトバンク 1~2位 →救援だけ少々不安だがバランス良く強い。

ソフトバンクに関してはまだ分かりません。投手陣も打線も調子が悪いわけでは無いからです。ムネリンの一軍昇格が鍵になりそうです。

 

ロッテ 1~5位 →投手陣に駒が揃う。打線次第で優勝も?

ロッテも苦しんでます。投手陣が思ったより踏ん張りきれていません。打線もダメ外国人に振り回されていた昨年までのオリックス楽天に少しカブりますね。

 

日本ハム 1~3位 →救援陣と打線に自信。先発次第で優勝も?

そして日本ハム。「救援陣と打線に自信!」なんて言ってた自分は夢を見ていたのでしょうか。救援陣と打線がかみ合わず、今の惨状です。辛いです。

 

→春先だけ見ても全然予想通りにいってないのが野球の面白いところ。というか今の順位をひっくり返すとほぼ俺の順位予想!?俺の目の節穴感泣けます。

 

開幕前の「オレ流戦力評価(攻撃面)」を振り返る。 

以下記事参照。

北海道日本ハムファイターズ

打撃力B+ 機動力A 守備力B+

△けが人続出で岡近藤を脅かすほど外野手争いは熾烈にならなかった。陽がいないセンターの守備は多少我慢が必要だろう。

△結果、全体的にスタメン争いは激しくなかった。杉谷や大田、淺間の復帰次第で激化するだろうが、衰えが心配な賢介や中島に代わりがいないなど、特に内野手層が薄い。

開幕して岡が不調で誤算だったのが、ハムの最下位の理由そのいち。やっぱり内野手層が薄いのも大きな弱点になっていますね。守備B+は返上したい…涙

 

福岡ソフトバンクホークス

打撃力A+ 機動力B 守備力B

WBCに出場したベテラン勢の調整、衰えが心配。マッチがんばれ!

マッチがやはり心配です。デスパイネも上がってきましたし、勝負はこれから!

 

千葉ロッテマリーンズ

打撃力C+ 機動力C+ 守備力C

◎パラデス・ダフィーがハマれば打線は強い。

△鈴木のコンバート、中村(平沢など)の遊撃守備含め内野守備に課題。 △外国人頼みの打線。ダメなら攻撃力大幅減。

やはり、センターラインを固定できないチームは(ハム同様)苦しみますね。

 

埼玉西武ライオンズ

打撃力A 機動力C 守備力D+

△絶対的存在がいない遊撃手含め守備不安。

そんなことありませんでした。源田の守備は上手すぎです。ごめんなさい。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

打撃力C 機動力C 守備力D+

オープン戦好調の銀次が今年は三割打つ?

△外国人がダメなら、圧倒的パワー不足。

二番ペゲーロ怖すぎわろた。銀次もここまで三割とやはり好調です。外国人以外にも、茂木が凄い(ここまでホームラン5本)。今後も楽しみが多いですね。

 

オリックスバファローズ

打撃力D+ 機動力D+ 守備力C

オープン戦好調なのもあり、各ポジション争いが割と熾烈。

◎ナカジ、三年目の正直。駿太もそろそろ結果!

◎ロメロ好調。そろそろ当たりクジ引けた?

オリックスの戦力予想が一番当たるという。ロメロの怪我は心配ですが、ナカジや小谷野らベテランと駿太含め若手が非常に頑張っています。

 

 

以上、4月末の現段階で振り返ってみましたが、自分の野球眼をなまら恥ずかしく思えました。一ヶ月も経ったら、状況が変わっているかも……僕は特にファイターズの躍進に期待して寝るとします。

 

おやすみなさい。

 

 

今年は"93年世代"がくる!?

 

どうも、じょんです。

 

ファイターズ、今日は負けませんでした

……そもそも試合がありませんね、うん。

 

たとえ、酷い惨敗を目にすることになっても、野球の試合が無い日よりある日の方が嬉しい僕は野球狂です、ハイ。

 

 

前回は不調に苦しむ「中島卓也」について考えましたが…

johnfight.hatenablog.com

 

 

今回はポジ要素に目を向けていきます。 

 

 

昨日の試合で、久しぶりに勝ち越しタイムリーを放ったのは…

一軍昇格したばかりの松本剛でした。 

2安打を放ち、犠打も1つ、誰を置けばいいか困っていた打順"2番"を任せた監督の期待に応えました。スイングの力強さ打球の速さも以前と違うような気がしましたね。

二軍でも以下のように超好成績を残しており、一番状態が良い時に(チーム状況も重なって)一軍に挙がってこれたのは大きいでしょう。

f:id:johnjohnfffff:20170424191941j:plain

 

同じく好調の淺間選手も今日、ホームランを放ち、一軍昇格も近そうです。代わりに誰を下げるかは難しい判断。翔さんが帰って来て出番が減るだろう横尾か、タイプ的に松本剛と少しカブる大累か。はたまた賢介も代打で使える分、ベテラン矢野か。3人の打席も見たい僕はぐう悩みます。

 

ちなみに彼は93年世代、絶好調近藤健介、鷹の武田翔太楽天茂木栄五郎、オリ吉田正尚阪神高山俊らと同級生なのです。他の若い世代と違って渋い面々ばかり並びますw

 

ですが、有名人で言うと…

志田未来能年玲奈小島瑠璃子と一緒です。

これはヤバい!!!←何がだよ。

  

そして僕も93年世代バブル崩壊後に生まれ、小3から土曜授業が無くなり本格的なゆとり教育を受けてきました。下の世代は移行期間を通じて脱ゆとり教育を受けているはずなので、ゆとり世代と言っていいでしょう。「ゆとりですがなにか」…っていうドラマめちゃ面白かったよね。ダルビッシュ中村勝と同じ顔系統の岡田将生の演技が好きなのよね~(ゲイではない)

 

話が大分脱線しましたが、松本、近藤選手ら93年世代でハムを盛り上げてほしいですね!

 

守備には安定の兆しが見えてきた?

ここまで失策を重ねてきたレアードの打球処理が安定してきましたね。昨日も4つ、難しい打球もありましたが無難に処理していました。

 
また、中田翔が帰ってきたことで内野が締まり、大田泰示が上がってきたことで西川を慣れたレフトで起用することが可能になりました。大田は昨日の試合でも気合のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取り、大型連敗中のチームを活気づけましたね。
 
ファイターズはチーム方針として、怪我防止のためにヘッスラを禁止しているようですwしかし、見てるファン、そしてベンチも盛り上がったと思います。惚れたよ。
 
 
昨日の『負け』は以前の『負け』と違い、明るい兆しも目に見えてきた?気がしてます。
 

明日の予想スタメン!

1(左)西川遥輝
2(右)松本剛
3(指)近藤健介
4(一)中田翔
5(三)レアード
6(中)大田泰示
7(二)石井一成
8(捕)ここは分からなーい\(^o^)/
9(遊)中島卓也
→456番の重みが凄い。みんな(いい意味でも)ブンブン丸
 
 
昨日と一緒やん!ですねw
でも僕はこのスタメンをしばらく見たい…
ポジション争い加熱もようやくここから。
 
明日の試合が楽しみです!
 
 
 

遊撃手『中島卓也』論。

 

どうも、じょんです。

 

連敗の影響か僕の食欲も止まりません。

横尾君ばりの丸顔待ったなしであります、ハイ。

f:id:johnjohnfffff:20170424021430p:plain

彼はかわいい丸顔ですね↑↑

僕はいかつい丸顔です。涙

 

とうとうチームは8連敗

ホークス戦の2勝が無ければ、

14連敗と同じ。

 

昨年脅威の15連勝の逆verに近づいてきました…

 

なんという悲劇。

 

球界のスター、大谷翔平がいなくても、

圧倒的弱さで話題を作ってしまう球団。

北海道日本ハムファイターズ

 

そして卓にまたヒットが出ない…

 四球も無いし、貯金が貯まらねぇよおおお(以下参照)

johnfight.hatenablog.com

 

ファンの中で沸々と出てくる『中島卓也を外せ』論

 

ですが、二遊間を任せられる内野手が少ないファイターズのショートに、中島卓也がおらんと守備的に更に壊滅するのは気のせいかしらん?

 

昨年も卓が絶不調の時期がありました。

2016年8月、初のフルイニング出場に疲れもあったのか、打率は.155と苦しんでいました。ですが、チームは14勝12敗ラストバッターか、2番で犠打を求められることが多かったので、卓の打撃の好不調がチームの順位を大きく左右したわけではありません

 

ですが、いなきゃ困るのが中島卓也

打てない試合は少なくありません。しかし、守備での好プレーは非常に多く見られます

 

そもそも全打者の打球傾向として、ショートへの打球はめちゃくちゃ多いからです。自らが打席に立つこと以上に守備機会が抜群に多いのです。

 

もちろん誰でも捕れるゴロやフライがくることが多いでしょうが、それを凡ミスせず無難にこなす技術と、厳しい打球もアウトにする技術状況判断などを踏まえると、「いてほしい」ではなく「いなきゃ困る」なのです。

 

卓の打撃不振が(チームに総合的な原因があるので)今の最下位に結びついていない訳ではありません。しかし今後、怪我人が戻り主力が復調していく(と信じたい)中で、勝利を掴み取るためには、彼の守備が必要不可欠です。

 

もうチームは壊滅しとるから他の若手もショートでバシバシ使ってみろよ…の考えに至るのはまだ早い!今の状況が中盤ならまだしも、4月です。まだ5ヶ月あります。マジ我慢。

 

もし卓が離脱したら…

僕たちは彼がいなくなってから気づくでしょう。やっぱりショートは卓でないと、と。

なぜなら僕たちは、彼の守備を見慣れしまっているから

卓の守備はほぼ精神安定剤説。

 

 

いなくなってから気づく穴、誰かを思い出しませんか…?

 

f:id:johnjohnfffff:20170424021119j:plain

 

そうです。金子誠です。

マンネリ化して別れた彼女の話ではありません、ハイ。 

 

『卓を外せ』論の人は、誠っさんが不調で初球ポップフライを繰り返した時を見ていたら何て言っていただろうか、『誠さんを外せ』論になるのか。

 

金子誠が不在の時のチーム状況を思い出せば、そうはならないでしょう。 

 

誠さんも打率が2割を切る月は少なくありませんでした。本塁打はゼロの月もあり、出塁率も高い方ではありません。ですが、ファイターズは怪我が無い限り、金子をショートで起用し続けました。その結果、06年以降、金子誠が100試合以上出場するシーズンは全て優勝しています。守備の安定した選手がショートを守ることがチームの躍進を支えることは間違いありません。

 

金子誠同様、中島卓也には、チームを支える『守備力』があり、居てくれないと困る選手だから外さず使い続けて、その中で持ち味の『粘り』と『出塁率』を取り戻せる"きっかけ"を掴んでほしい。だからこそスタメン起用され続けていると思います。

 

 

つまり、今のハムにとっては、

心中するべき選手なのです。

 

 

4番中田二刀流大谷リードオフマン西川大砲レアード

この4人と同じように、ショート中島卓也は不可欠な選手と言えます。

 

 

それでも本当にダメなら…ショートは石井一成、セカンドは賢介と鎌ヶ谷の若手たち、という選択肢が濃厚かな。それもアリだけど、卓はまだ若手の年齢、打撃面でも十分伸びしろはあるぞ。頑張れ卓!

  

 

よろしければクリックぜひお願いします↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

 

俺のファイターズ貯金。

 

どうも、じょんです。

 

ファイターズは今日も負けて…

泥沼7連敗

 

ただ負けるだけでなく、

3試合連続8失点以上…

 

惨敗惨敗アンド惨敗。

 

皆さん、元気にやってますか……?

勝てる!って思える感覚を失ってきた僕です。

 

 

そんな僕ですが、

シーズンが始まる前、ある宣言をしていました。

 

 

ファイターズの選手は全員好きですが、今は特に『中島卓也』と『斎藤佑樹』を推しているので、上記の貯金項目を掲げました。

 

 

ファイターズは最低70勝(昨年87勝)

中島卓也130本安打(同115本)と1本塁打(同0本)

斎藤佑樹10試合登板(同11試合)と3勝(同0勝)

 

控え目に大胆に予想して、

最低でも4万円を貯金できると見据えていました。

僕の住んでいる地域だと、試合を見に行くのに最低往復1万円の交通費は覚悟せなあかんので、この貯金で見に行けても2~3試合でしょうか。札幌住みてぇ!

 

そして卓の人生初ホームランに密かに期待してましたw

卓が2桁本塁打打って、斎藤が20勝すれば貯金金額は20万円に到達!

←てかそんなに金あるかな?w

さすがにここまでは非現実的やけど…

2人の活躍を願っていたわけです。

 

 

ところが…

ファイターズはここまでなんと4勝のみ

そして、卓のヒットは今日まで10本だけ……

打率は.156。かわいい女の子の身長並です。

 

この記事を書いている4月22日は久しぶりにヒットが出ましたね!ですが、次の回に森本と交代(ショートは石井)していました。代打を送られる以外の途中交代は大変久しぶりじゃなかいと、ハイ。

 

また、13試合連続で四球すらもぎ取れていません。

三振が無い日は全19試合中3試合のみで、

三振量産機と化しています。

 

 

こんなはずじゃなかった…

 

チームの連敗と、

貯金しない分浪費する俺を止めておくれファイターズ!

 

 

ちなみに斎藤佑樹は、ここまで1登板で勝ち無し

5回3失点の彼らしい投球成績でしたね。

二軍でもまずまずの結果出しているらしいので、

また近いうちにチャンスがありそうですね。

 

 

現在貯金金額。

1,900円。

f:id:johnjohnfffff:20170422221928j:plain

 

 

自由席のチケットならギリ買える金額。

辛いです。指定席でぬくぬくしたいです。

 

このペースだと2万円も厳しいか…

なので卓には『四球』も項目に入れたいと思います。

 

四球1つにつき、100円

昨年のペースなら、ヒットと合わせると2万円を目指せる計算です。

 

 

頼むぜ、ナカシ!斎藤佑樹

そして翔さんが帰ってくる明日こそ勝利を…

 

 

よろしければクリックぜひお願いします↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

 

ファイターズ選手を将棋の駒に置き換えてみた。

 
 
どうも、じょんです。 
ファイターズは再び6連敗、
借金はついに、二桁になりましたね。
泥沼状態と言っていいでしょう。😭
 
 
そして二刀流大谷翔平4番中田翔を欠いており、いわゆる「飛車角落ち」のチーム状態です。
 
 
その言葉をガンちゃんが解説で述べていたのが気になったので、昨年までの成績と年棒(推定)を参考に、ファイターズ選手を将棋の駒に置き換えてみようと思います。
 
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

飛車の大谷、角の中田。

チーム内日本人で1位の年棒を誇る中田(2億8千万)と同2位の大谷(2億7千万)は戦力的にも当然飛車角です。
 
飛車は攻めの主役であり、ファイターズ内でも同じことが翔平に言えるでしょう。一方、は守りの強い駒で、いくつもの場面でチームを救う一打を放ってきた翔さんこそ適格です。
 
昨年のオリックス戦、ライト岡大海のタイムリーエラーを救う翔さんは素敵でした。

 
 
 

チームを支えるブルペン陣、増井と宮西は金。

非常に使いやすく、守りが固いはまさしく彼ら2人。
 
年棒的にも翔さんと翔平に次ぐ増井さん(2億2千万)は先発でもチームに貢献してくれるのでのように万能です。宮西(2億)は厳しい場面でも抑えてくれる安心感があります。
 
 
 

攻撃の柱、銀はレアードと田中賢。

飛車と一緒に攻めの中心となるは、昨年本塁打王のレアード(3億)と主に5番を任されていた田中賢介(2億)です。
 
打点も97を稼いだレアードと、ランナーを返したり、時には繋ぐ役割を見せた賢介はダブルチャンス打線の中軸でした。
 
 
 

特徴のある動きをする桂馬はメンドーサと谷元。 

一個先の斜め前に進める桂馬、使いにくさもありますが、慣れれば場面場面で効果的に使える特徴を踏まえて、メンドーサ(1億9千)と谷元(1億)を置きます。

 

メンドーサは昨年まで中4日起用も鼻にかけず、時にはロングリリーフでチームを救う投球も見せていました。谷元も様々な場面でチームに流れを呼ぶ投球をしてくれますね。

 

 

 

相手を罠にかけることができる香車は西川と中島。

前にならどこまでも進められる香車は、ファイターズの核弾頭、西川と中島です。
 
2人とも昨年1億に到達し、若手と言える年齢でありながら、人気含めてチームの顔です。大駒に対して威力を発揮しやすいところが、スピードスターの2人にピッタリです。
 
 
 
 

将棋盤風に並べてみた。

 
市 加 岡 有 大 高 近 杉 鍵
川 藤   原 野 梨 藤 谷 谷
 
  中           大 
  田           谷
 
西 谷 田 増  宮 レ メ 中  
川 元 中 井  西 ア ン 島
 
 
飛車角落ちで、銀と香車が不調金は使い道が無いのが今のファイターズ?。そして毎試合「俺が悪い」と他の駒をかばう王(栗山監督)。歩の近藤、一人の活躍ではそりゃ勝てないね… 
 
 
 
他球団でもやったら面白いかもしれません。
 
 
 

よろしければクリックぜひお願いします↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

どうしたナカシ?最近5試合の出塁率は.063。各球団の遊撃手成績を比較してみた。

 

どうも、じょんです。

 

 

f:id:johnjohnfffff:20170424024801j:plain

題名通り、レプユニを持ってる彼の不調に苦しんでおります。 

ついに昨日は終盤に代打を送られ、フルイニング出場更新が途絶えました。 

 

中島卓也のここまでの成績。

打率 .155 出塁率 .210 OPS .399

打点はまだゼロ得点圏打率.000

 

昨年8月、月間打率.155(出塁率.237で打点1)と非常に苦しんでおりましたが、今のナカシはその時期と同様か、それ以上に絶不調です。

 

ファイターズの正遊撃手、中島卓也の武器は?

皆さんも知っての通り、粘れることです。

昨年も打率は.243とリーグ最下位でしたが、四球は63リーグ10位。上位にはホークス柳田やロッテ角中デスパイネなど好打者に次ぐ成績です。

打順のラストを打つことが多かった彼が、投手から警戒されるクリーンナップ並に四球を獲得できたのは、厳しい球でもファールにする技術あってこそでした。

 

パリーグにおける正遊撃手の成績

現在1位。楽天のショート茂木栄五郎の成績。

打率 .339 出塁率 .435

OPS 1.062 本塁打 4 打点 12

 

見てわかる通り、絶好調です。UZRの数値も12球団中2位で、日本球界待望の打てて守れる遊撃手です。巨人坂本級の逸材かもしれません。

楽天の好調の理由も、これだけ活躍するショートがいるなら分かりますね。個人的に同い年なので応援したいです。

 

隠れた名遊撃手、安達了一の成績。

打率 .204 出塁率 .348 OPS 589

同じく好調のオリックス、正遊撃手の安達。打率は低く一見不調に見えますが、出塁率は高く、UZRもプラスでチームの脇を支える活躍を見せています。

特にUZRは2014以降全てプラスで、全て上位3位以内と守備での貢献度は非常に高いです。

 

西武のスーパールーキー、源田壮亮の成績。

打率 .218 出塁率 .241 OPS .496

打撃の方はプロの壁に直面している印象です。

ですが、何と言っても彼の魅力は守備。UZRは1年目であるにも関わらず12球団1位。昨年、西武の大きな課題だった守備を改善する大きな働きを見せています。

 

ホークス不動のショート、今宮健太の成績。

打率 .254 出塁率 .312 OPS .622

本塁打はまだゼロですが、打点は7

実に今宮らしい成績です。守れるショートでこれだけ打てれば十分だと思っていますが、今年こそ打撃開眼を期待したいですね。

 

 

そして、正遊撃手不在のロッテ…

7試合でスタメンの大嶺翔太の打率は.200

6試合でスタメンの平沢大河 (.158)と3試合の中村恭吾 (.000)も不振です。チームUZRも12球団中10位と、守備も不安です。ロッテが低迷している一つの理由ですね。

 

中島卓也はなぜ不調なのか。

以上、パリーグ他球団の遊撃手成績を見てもらいましたが、攻守共に安定した成績のショートがいる球団ほど、順位が高いという結果が出ました。ナカシは打撃でプロの壁に苦しむ西武源田以上に苦しんでいる現状です。

やはり、昨年以上に他球団から研究されているのが不調の一因でしょう。『早いカウントで追い込み、ストライクゾーンに入ってくる変化球と直球を織り交ぜて勝負する』この攻めでフェアゾーンにゴロを打たされているか、三振を奪われることが多いです。

 

それと、今年はライト方向へ引っ張ることも意識した打撃を試行錯誤中であることも原因かもしれませんね。現時点では、昨年と大きな違いは出てませんが、長い目で見ていくことが大事でしょう。

 

中島卓也に代わるショートはいるのか。

候補は石井一成、二軍で守っている太田森本、(将来的な2刀流起用を見据えて?)今年は専ら指名打者起用の平沼がいます。

石井は本来の定位置がショートであり、起用を続ければ守備力も上位レベルに成長が期待されますが、田中賢介に次ぐセカンドも不在する現時点では、起用法の転換は考えにくいかな。

そして太田や森本らに一軍レベルの攻守を期待するのはまだ難しいです。

 

そうです。代わりがいません。

前日の試合のように終盤で代打を送られることはあるでしょうが、スタメンから外すことは考えにくいです。

ショートの助っ人外国人を期待するのも非現実的。他球団にも成功例が少なく、ファイターズもいつしかのアルモ〇テで痛い目を見ていますw

 

 

なので、しばらく見守りましょう。

彼が何らかのきっかけをつかみ、最終的には打率.250 出塁率.350 本塁打1の成績を残すことを期待して、今日も応援します!

 

 

よろしければクリックぜひお願いします↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村